新型コロナウィルスのより安全な接種方法

先に新型コロナのウィルス感染をワクチン接種と考え、安全に行うための方法について述べた。より安全な方法に気が付いたので述べようと思う。
このウィルスは、鼻、気道、肺に感染する。入り口でもあり一番安全な感染場所は、鼻である。鼻での感染の場合は、味や香りに異常がある程度で済み人体にあまり影響がないように思える。そこで、ワクチンとして使用するときは、鼻のみへウィルスが感染するようにすればより安全と考えられる。
そこで、次の方法を考えた。
1. 新鮮な空気のところで息を吸い込む。
2. 感染者のところで少しだけ息を吐いて、吸う。これを、数回繰り返す。吸い込む量は、ウィルスを含んだ空気が丁度鼻の感染場所に届く量であり、繰り返す回数も試した結果により決定する。感染元の状況等によりばらつきは大きいと思う。
3. 息を吐き切り、新鮮な空気を取り込む。
方法は色々あると思うが、空気が奥までいかないようにして、ウィルスを含む空気を鼻にあてて必要最小限のウィルスを感染させることである。
早急に多くの人が免疫を獲得して、医療崩壊を防ぐ方策とする必要があると思う。
先ずは、自衛隊で行い、医療データーを得て、消防、警察、ライフライン関係者が免疫を獲得し、良い結果が得られたら、医療関係者更に一般に拡げ、集団免疫を得ることが必要であると思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント