橋梁部の舗装ひび割れ

水の悪戯
橋梁部のひび割れの発生について
橋梁の舗装に下に水が入ることによる次のような損傷があると思います。
舗装に損傷が無い場合舗装端部からの水の浸入が考えられます。舗装端部とは、ジョイントとの境及び路肩の縁石との境です。ジョイントの境は舗設のとき転圧不足になりやすく、従来からポットホールの発生がみられる箇所です。高機能(排水性)舗装では、セメントミルクの注入の対策が採られています。
次に、路肩の縁石との境からの水の浸入は、次のようにして舗装の損傷を引き起こしていると考えられます。まず、縁石と舗装の間は、温度変化により隙間が開きます。また、コンクリート表面の風化によりコンクリート表面に沿って水が浸入するものと考えられます。水が縁石に沿って広い範囲に亘って浸入した場合と部分的に浸入した場合で症状は違ってきます。水の舗装下への侵入により舗装とコンクリートの付着が悪くなります。また、寒い地方では、入った水が凍結し、舗装を持ち上げます。
水が浸入して下との拘束がなくなった部分は、タイヤの通過により変形するときに下が固定した部分と異なった動きをします。この動きに違いによりひび割れが発生、成長します。また、浸入した水もタイヤの加重により加圧されひび割れ内に浸入し、アスファルトを劣化させます。路肩からの水の浸入が広範囲に亘る場合は、多数のひび割れが発生します。交通量が多い場合は、わだち部より路肩側は入った水により持ち上がった舗装がタイヤ通過により上下しひび割れが発生します。しかし、タイヤの通過によりわだち部は押付けられているため、わだち部を越えて中央まで浸入する水は少なく、ひび割れは路肩付近に発生します.
画像

画像

交通量が少ない場合は、タイヤによる舗装の押付けが弱いため、路肩から車線中央を越えて水が入りこみます。水の浸入により持ち上がった舗装(寒冷地で凍結すると、持ち上がり量はおおきなものになります。)は、タイヤの通過により上下し、車線全体にひび割れが発生します(水の浸入は路肩側から入るので、路肩側の方がひび割れの発生は多くなります)。
画像

画像

舗設後開通まで時間があった場合は、車の通行前に水の浸入があり、舗装層の層間付着が不良のときに見られる円弧状のひび割れが見られるときがあります(タックコート処理の施工不良かもしれませんが)。
画像

路肩の溝内にひび割れの発生。水の浸入が大きいと予想されます。
画像

ランプ入り口の円弧状ひび割れ。(直線部で加減速のないところでは亀甲状ひび割れになることが多い)
画像

上に述べた損傷は、路肩に水が集まり舗装端部から舗装内に入り下り、横断勾配が変わり道路中央側に水が流れ込むつづら折れになっていて箇所で多くみられます。今では舗装の下に防水処理を行うことになっていて、今述べたような損傷は減るものと思われますが、端部の防水処理は、まだ、耐久性等問題があるように思われます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック