テーマ:コンクリート損傷

コンクリート打設の際、振動バイブレーターが鉄筋に接触した影響

 振動バイブレーターが鉄筋にさわり、鉄筋が振動することにより、鉄筋の周りに水分量の多い層ができる。乾燥すると、この部分は空洞の多い、モルタルの少ないコンクリートとなる。水が浸入してきたとき、水の通り道となり、腐食が発生しやすくなる。バイブレーターの鉄筋への接触時間が長い程、空洞が多く、腐食が激しく、広くなる。  カルバートボックスの打…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more