テーマ:土木

コンクリート打設の際、振動バイブレーターが鉄筋に接触した影響

 振動バイブレーターが鉄筋にさわり、鉄筋が振動することにより、鉄筋の周りに水分量の多い層ができる。乾燥すると、この部分は空洞の多い、モルタルの少ないコンクリートとなる。水が浸入してきたとき、水の通り道となり、腐食が発生しやすくなる。バイブレーターの鉄筋への接触時間が長い程、空洞が多く、腐食が激しく、広くなる。  カルバートボックスの打…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高機能舗装の損傷による水浸入の影響

 表層と基層間の防水が壊れることによる浸入した水の動きとその影響について推測する。  基層に入った水は通過するタイヤの動きに押されて、わだち部付近を車の進行方向に広がる。水の浸入により基層の支持力が低下し、路面のわだち部にひびわれが発生し、放置するとポットホールに進展する。垂直方向に弱点があると、基層内部まで水が浸入し、弱点部分の支持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高機能舗装の損傷過程の推定

1. 高機能舗装の特徴  (ア) 粒度分布が開粒度  (イ) アスファルトの種類はポリマー改質アスファルトH型(-F)  高機能舗装では舗装内を水が通る空隙ができるように粒度分布は開粒度となっている。そして、接触面の少ない骨材をしっかりと繋ぎとめるように丈夫なポリマー改質アスファルトH型(-F)を使っている。   高機能舗装に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

放射性物質を利用する

 福島第一原発の事故により放射能物質が広範囲に撒き散らされ大変な被害が発生しています。しかし、起こってしまった事は元には戻りません。この事を利用することを考えましょう。  地すべり箇所では水抜きボーリングを行っているいるがその水がどこから来るのかわからない場合が多い。そこで、放射能汚染水の流出状況から、対策範囲について有効な知見が得ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋梁部の舗装ひび割れ

水の悪戯 橋梁部のひび割れの発生について 橋梁の舗装に下に水が入ることによる次のような損傷があると思います。 舗装に損傷が無い場合舗装端部からの水の浸入が考えられます。舗装端部とは、ジョイントとの境及び路肩の縁石との境です。ジョイントの境は舗設のとき転圧不足になりやすく、従来からポットホールの発生がみられる箇所です。高機能(排水性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋桁端部の腐食

水の悪戯(2)   橋桁端部に剥離が生じたり鉄筋の腐食が生じているのに気がついている人は多いと思います。特に、雪国では、冬になると、融雪や雪氷作業による凍結防止溶液の散布により、ほとんどの時期、ジョイントから水が漏れて桁端部が濡れているのに気がつくと思います。高機能(排水性)舗装の普及する前からこの桁端部の腐食は始まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高機能(排水性)舗装の凸凹

10年余り前から高機能(排水性)舗装がなされる様になりました。この舗装は、水しぶきによる視界不良による事故や表面に溜まった水によるハイドロプレーン現象による事故対策に効果があり急速に広まりました。特に、効果の大きい高速道路では、高機能舗装が標準となりました。ところが、この高機能舗装で最近多くの窪みの発生が目立つようになりました。さらに、…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more