管理された感染による集団免疫の獲得を

新型コロナ感染者の症状は、8割が無症状または、軽症ということである。そこで、有効な治療薬ができるまでの間、管理された感染による免疫を持った人の数を増やす方法をとった方が被害を少なくできるのではないかと思う。医学的監視の下で感染者と接触を行い、感染時期を特定できるようにする。感染後の経過観察により多くの知見が得られる可能性がある。重症になりそうだったら治療を行う。単純に考えるとウィルスの被ばく量が少ないと、ウィルスの害が出るほどの数に増殖するのに時間がかかるため、免疫力が上回る時間が短くなる。医学的監視の下での感染者との短期接触による感染では、感染による症状の重症化の割合は小さくなるものと期待される。これは、人間での培養による生ワクチンである。通常のワクチンに求められる安全性等を無視しているが、感染爆発が予想されるときの非常手段として有効と考えられる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント